中級から学ぶ日本語   第3課

previous  ーー Index  ーー  next

A―1: ~うちに
while

This form should be compared with 間に

私達が旅行している間に、アパートにどろぼうに入られた。

間に is used when both the start and end points are quite definite. ~うちに is often chosen for state of affairs that the speaker has no control of.

雨が降らないうちに洗濯物を入れた。
赤ちゃんが寝ているうちに/起きないうちに晩御飯を作ろう

Negation is used very often, but sometimes the choice is cosmetic.

ご飯が冷めないうちに食べてください
ご飯が温かいうちに食べてください、
知らないうちに朝になっていた。
見ないうちに大きくなって!

jlpt sensei


A―2:うちは

Used for contrasting states of affairs across time. Before and after.

An interesting idiom

俺の目が黒いうちは・・・・!

maggie sensei


B:Causative plus やる/あげる

You need to really appreciate the social function of the causative. It focuses on the person with duty of care (with に) attached. Therefore, the ni marked objects are also the recipients of that care. Here, the golden rule for not using the form towards your parents can be broken.

年を取った両親に楽をさせてやりたいです。


C:~としか~ない

No other options. Often framed in 「~としか 考えられない」

犯人(はんにん)は、初めから家の中にいたとしか考えられない。
私の不注意で起きた事故だったので、「本当にすみません」としか言えなかった。